グーグルアドセンスで「ads.txt」ファイル設置方法/heteml版

ブログを書き始めてアドセンスも合格して、今に至るわけですが少し経ってからアドセンスの収益画面のところに「要注意ー収益に重大な影響が出ないよう、ads.txtファイルの問題を修正してください」と表示されるようになりました。なんだろ?と思って調べたところ、アズテキストと読みむたいです。

ads.txt「アズテキスト」とは

オンライン広告の透明性を高めて広告詐欺を減らすためのファイルなのですが、大手のブログシステム提供会社が間違えてプラットフォーム上に配置してしまったためにグーグル側でも表示されるようになったとのこと。

調べれば調べるほど、難しいことばかり書いているのでめちゃんこ簡潔に書いてますが、設置しない状態でいても収益に問題が起きることはそこまではないようです。

一度解消を試みたがhetemlサーバーにはファイルがない!

ずっとこの表示が出ててもなんだか気持ち悪いので、一度解消しようとファイルの設置場所を探したのですが、僕はhetemlサーバーを使用しているのでいくら探してもそのファイルが見当たらない、、、そもそもhetemlサーバーの中に「public html」がない!

エックスサーバーやさくらインターネットや他のサーバーにはあると記述されてるのが多く僕が使用しているGMOペパポさんのhetemlサーバーにはない、、、もう10年以上もGMOペパポさんのムームードメインやhetemlサーバー、ロリポップなどを利用しているので、他を試したことがないんです。一度、ブログをするならエックスサーバーがおすすめ!!と書いてあって一度試しましたが、途中から英語表記になったりしてイライラして辞めました。ほんと使い辛かった。

GMOペパポさんのドメインやサーバーは全部が連携してて、画面も見やすくて分かりやすいので、僕的にはおすすめです。一度見てみてくださいね。

話が飛んじゃいましたが、ずっと表示されるので最近また調べたところ設置方法がようやく分かりました。hetemlサーバーにはもともと「public html」がないので「自分のサイトファイル」→「wp-admin」、「wp-content」、「wp-includes」が設置されてる場所に放り込むだけで良かったんですね。

ads.txt「アズテキスト」の設置方法 heteml版

まずはアドセンスで今すぐ修正ボタンを押し、ads.txt「アズテキスト」をダウンロードします。

ダウンロードしたads.txt「アズテキスト」をサーバー内に設置

hetemlのサーバーからログインしてアップロードした画面です。

FTPソフトのFetch(mac版)やFILE ZILLA(mac版)でやるとドロップするだけで設置が簡単です。どちらでも構いませんのでやってみてくださいね。

ads.txt「アズテキスト」設置から警告が消えるまで

設置してから1時間ごとに確認していましたがなかなかすぐには警告が消えませんでした。グーグルの巡回ロボットが確認するまでは消えないみたいですね。

それで放置して次の日に確認したら消えていました!12時間〜24時間はかかるみたいですね。

いや〜これで表示もなくなってなんか気持ち悪さも解消できました!hetemlサーバーで困っている方は直下ドロップやってみてください。収益金額はまだやり始めてしょぼいので見せられません!!!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です