【あつまれどうぶつの森】どっち買えばいいの?攻略本の比較

こんにちは、yubaです。

wasabiが「THE LAST OF US 2」をやっている横で私は毎日少しずつコツコツとあつ森をプレイしています。

今はとりあえず一通りのことはやり終えたって感じで、島クリエーターを使ってさらに工事をして作り直している所です。

そうなってくると、前のブログにも書きました自作の攻略本では事足らず、ついに本物の攻略本を買ってしまいました!

あつ森の攻略本は

『ニンテンドードリーム あつまれどうぶつの森 完全攻略本+超カタログ』

『電撃 あつまれどうぶつの森 ザ・コンプリートガイド』

の2種類あるんですが、wasabiの優しさでなんと私は2冊とも手に入れてしまいました!悩みに悩んだ末に買わなかった方をwasabiがこっそり買ってくれていたのです。(せっかくだからどっちも見たら?と)

というわけで、2冊も持ってるなんて贅沢なのでせっかくだから私基準にはなりますが比較をしてみました。

まずは基本的な比較から

【左:電撃】【右:ニンドリ】
サイズA5サイズA5サイズ
厚さ4.5cm5.5cm
ページ1072ページ1216ページ
重さ1304g1228g
価格(税込)1650円1650円

物質的なことは大体が同じですね。ニンドリの方が1cm分厚いくらい。分厚い分重いのかと思いきや。。。重さは後ほど触れたいと思います。

続いては中身についてを比較したい所なんですが、ざっと見た感じ、書いてあることは大体一緒でした。(そりゃそうだ!)ただ私が感じたのは見やすさなどページの構成が違うので、その辺りを1冊ずつメリット・デメリットでご紹介していきたいと思います。

『ニンテンドードリーム あつまれどうぶつの森 完全攻略本+超カタログ』のメリット・デメリット

ニンドリの方は表紙からも分かるようにインデックスがポイントですね。

ただインデックス自体はすぐにパッとみわかるんですが、基本のプレイの攻略の部分が上6項目にざっくりと分かれているため、その中のどこに書かれているのかはペラペラしないと見つけられないです。

《メリット》

・写真の数が多い。

・アイテムの色違いやリメイクも同じページ載っていてすぐに調べられる

《デメリット》

・文字が小さく、詰め込んだ印象

・紙質(薄い)

1ページにギュッと詰まっている感じで、どちらかというと大人向けの印象があります。紙質的にも辞書っぽいので(そこまで薄くはないです!)マニア向けって感じかな。ニンドリの方がページ数多いのに軽いっていう理由は紙質にありそうですね、軽くするために薄くしたのかもしれません。

『電撃 あつまれどうぶつの森 ザ・コンプリートガイド』のメリット・デメリット

電撃は外から見えるインデックスはないですが、ページの端にちゃんとあります。そして、項目もニンドリより細かく分かれています。

《メリット》

・文字やイラストが大きく、シンプルで見やすい

・紙質がいい(少し厚手)

《デメリット》

・アイテムの色違いやリメイクは別ページのため、1度で確認できない。

・ちょっと重い

必須な情報は載っているけれど、ページ数が少ない割に写真などが大きめなので、やや内容がニンドリより少ないのかも知れませんが、シンプルで見やすいので、子供や初心者に向いているのかも?

まとめ

私が感じたメリット・デメリットを挙げてみましたが、些細な違いでしかなかったですね笑

大きな違いはなく、正直どちらも一緒と言いたいところではありますが攻略本なのでどこを重視するかがポイントだと思いました。

内容うんぬんよりもやり込んでいてもうアイテム一覧しか見ないって人はニンドリの方が同ページで調べられるのでおすすめです。

初心者向けに丁寧な作りに書かれている電撃はスタンダードを求める方にいいかもしれません。

好みの問題にもなってくるのでどちらがいいよ!とは断言できませんが・・・

私みたいにどちらを買うか悩んでる方が、なんとなくでもどちらの攻略本が自分にあってるかの判断のお助けになればいいな〜と思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です